求人応募前に確認すべき事【介護施設によって異なる勤務形態】

安易に受けない

書類

意外と形態が幅広い

一般的に、ヘッドハンティングとは他の企業から転職の打診をされる印象を抱いてしまいます。テレビドラマでも頻繁に出てくる台詞であるので、若干かっこいいイメージを抱いてしまうでしょう。実は、ヘッドハンティングは、他社の人事担当からの打診以外にもあらゆる形態があります。人材派遣会社の営業担当から特定のポディションへの就任や応募の打診、あるいは知人からのポディション就任の打診などがあります。知っている人からの打診なら、安心して仕事内容やポストに就く場合の条件を聞き出しやすいです。しかし、人材派遣や面識のない人からの打診だと、正直不安になりますね。そこで、急にヘッドハンティングの話を持ちかけられた場合、どう対応すればいいのかを確認してみましょう。

人材派遣からの打診なら

人材派遣からの打診なら、まずどんな企業なのかを見極めるのが重要です。企業理念は勿論、今までどれくらいヘッドハンティングを成功させてきたのかを見極めるのが重要です。また、抱えている業種の広さはどれくらいなのかもチェックしておきましょう。実績が豊富なところと、受け付けている業種の幅が広ければ、希望している職につける可能性が高まりやすいです。

同業他社からは注意

面識のない人から打診を受けた場合は、安易に承諾するのは避けた方が良いです。同業他社からの引き抜きである場合は、後々に企業間のトラブルに発展しかねませんので、断った方が良いでしょう。ステップアップのつもりで快諾してしまえば、法的な問題にまで発展しかねないので注意が必要です。